イチから始める奇跡ののぶニャが (のぶニャが 初心者 入門編)

初心者向けののぶニャがのブログです 近況報告 思い出作りも込めてやってます。

タグ:エピソード

おはこんばんちは

前回の続きです。

記念すべき伊達っちのデビュー戦。

期待に胸を膨らませた独眼竜の一発目。

ダメージ600。
なんだろうこのスタオー2のディアス感。
(敵だと強いのに味方になると弱体化し、妹の名前を呟いて倒される役)

これじゃあまったく物足りないということで、
智勇兼備と女丈夫を伝授。
(女丈夫は女限定にしてもいいんじゃないかな。)

再び参戦!
ダメージ1000!
我が家の大将が決まった瞬間でした。

ところが相手によっては400程度にとどまることが多い。
なんで だろうか。

大昔独眼竜時代があったときに、対策が多くなりすぎていたので、
現代ではオワコンという噂が。

対策一覧
・竹束      鉄砲に強い
・鉄盾      鉄砲に強い(全員)
・絆        離れた敵からのダメージを減らす(全員)
・加賀百万石  離れた敵からのダメージを減らす(全員)
弱点
・雨はアカン
・行動順が遅い
最悪の事態
・虎将(複数対象の攻撃をかばう)
初めて虎将を見た時には、あまりの驚きに声が出ました。
 
いや、弱点が多くても押し切れるはず。
我が家に毎月数万使う余裕はない。
強い人に負けるのは当たり前。
10回で9回負けても1回勝てればええんや!
うちの大将は伊達っち、奇跡(まぐれ)の勝利を目指すんや。
(これがブログタイトルの「奇跡」です)

その後我が家の伊達っちは、
文武両道を習得し、さらに強力な大将に成長。
侍魂で補助をする期間を経て、高山右近を招き入れ、
ある種の完全体へと進化しました。

Q,他の方が強いんじゃね?

A、しかたないよ、愛だから

だてっち
senn2

おはこんばんちは

このあたりで、ブログのタイトルについて書いていこうと思います。

長くなりますがご容赦を。

のぶニャがを始めて間もないころ、
グズグズのグダグダデッキで合戦に参加しておりました。

当時は名乗らなければ基本的に4戦目か5戦目までCPUしか出現せず、
対人に当たれば瞬殺されるような有様でした

初心者のうちは、合戦などで出会った強いデッキを参考にしていたもので、
基本的に今もそのスタンスは一部持ったままです。

その当時、手が出ない、完封されると感じたのは、
1、まんかかさま(全体回復!なにこれ ヒドイ!)
2、上杉景勝 極(なんなのこの固さ!二桁しか出ねぇ!)
3、マムシの短刀 3匹(とにかくヒドイ!)
4、百発百中 3匹(躱せない!庇えない!ヒドイ!)
5、伊達正宗 極(ファ!?)

1。当時当方のヒーラーは安芸ニャン(内助の功・活法3)
対するまんかかさまは、全体回復かつ、防御力アップ。しかも回復量も多い。
ジリ貧で追いつめられるさまは、絶望感漂うものでした。

2。こちらのメインアタッカーは智勇兼備もない可児さんと、まだら鬼。
まだら鬼の連撃3は何とか3桁ダメージが出るものの、
後半になればなるほど攻撃が通らないのは、
勝利には程遠い、攻撃力の低さ を露呈するものでした。

3。上記の通り、ヒーラーの安芸ニャンでは回復が間に合わず。
これ、3ターン持つの?という凶悪ぶりでした。

4。同じく。

5。初めて会った時の衝撃が忘れられません。
1ターン目独眼竜。一瞬のうちに、大将兼ヒーラーの安芸ニャンは、4桁のダメージを受け、
骨折れてるんじゃないかな、と思うほどの深手を受けて退却。
いわゆる独眼竜事故です。
ついでに巻き込まれた可児さんも一緒に退却。

これ、ジャイアントキリング狙えるんじゃね?
俺、ニャポを貯めて伊達っちを買うんや。

続く

↑このページのトップヘ