ブログタイトル6

おはこんばんちは
サイロウです。

伊達戦記まとめ、
結局やることにしました。

戦記まとめはイチから始めるのぶニャがの誇りです(仮)

それでは、伊達戦記はっじまっるよー

2016060802


2016060803



20160615001

大阪の陣からスタート

20160615002



20160615003



20160615005


ここからさかのぼってスタートです。


20160615006 

左月さんはこの頃からの家臣。
 
20160615007


20160615008


20160615009


20160615010

伊達っちのおばあさんですな。

20160615011
20160615012
20160615013

出羽の鬼姫登場。
伊達政宗の母かつ、伊達政宗の人生を大きく狂わせた人ですね。

20160615014


20160615015

このころはまだ隻眼じゃなかったはず。


20160615016
20160615017

伊達政宗にとって最も影響を与え、最も親愛の情を感じたであろう喜多ニャンと
その弟、片倉小十郎。
母に裏切られた政宗にとっては、育ての母。
その信頼の厚さは想像に絶するものでしょう。


20160615018

これが母との確執の原因・・・

20160615019

本当にこういう発言があったかは別としても、
片倉姉弟との絆は疑いようもないことです。

20160615020
20160615021
20160615022

小十郎は腹心の部下。

20160615023
20160615024

愛姫との結婚。

20160615025
20160615026

気性がずいぶん激しい義姫さん


20160615027
20160615028
20160615029
20160615030
20160615031

父ごと敵を撃つのは有名なエピソードですな。


20160615032
20160615033
20160615034
20160615035
20160615036
20160615037
20160615038

左月さんの見事な最期。
主を守って果てるのも武士の誉。



20160615039
20160615040

毒殺未遂は伊達っちの苦難。

20160615041
20160615042
20160615043
20160615044
20160615045

この時代。毒見役が標準装備なほど毒殺は基本です。


20160615046
20160615048
20160615049

伊達っちの強さも時代が遅いか。


20160615050
20160615051
20160615052

流石に時代を読み、小田原への参陣を決意。

20160615053
20160615054
20160615055

これも有名な話。
母に毒殺されそうになる政宗。
これが心に大きな傷を残す。
政宗の人生に大きく影響を与える出来事。
母に殺されそうになったら誰でもそうなり得ますな。



20160615056
20160615057
20160615058
20160615059
20160615060

弟殺しも有名ですな。
身内に信用を置けない政宗。
父を殺したことに起因するのか、お家騒動が絶えません。
妻を殺さなかったのは、そこに恋慕の情があったからか、
政宗のなかで、敵味方を広い視野で考えていたからなのか。
情であってほしいと個人的には思いますが。


20160615061
20160615062
20160615063
20160615064
20160615065

何とか許されたものの、そう甘くはない秀吉。


20160615067

引抜で猜疑心をあおるのは秀吉の上等手段。
景勝から兼次を引き抜こうともしてましたしね。


20160615068
20160615069

秀吉の策略の闇の深さよ。

20160615070
20160615071

猜疑心に襲われる政宗。

20160615072
20160615073
20160615074

伊達成実と鬼庭綱元が出奔。
戻ってきたのは、伊達への忠義か、損得勘定か。



20160615076

いつでも自由な伊達っち


20160615077
20160615078

船と城を欲しがる伊達っち。
ロマンだねぇ。

20160615079

そとに目を向けだす伊達っち。


20160615080
20160615081


オープニングのシーンへと戻る。



20160615083
20160615084

ねこジョークは置いといて。

20160615085
20160615086
20160615087
20160615088

片倉家は伊達っちが最も信頼する人々。


20160615089
20160615090

大阪の陣では伊達家の面々が活躍。
徳川家とのつながりは強くなっていく。


20160615091

伊達っちの逸話の一つ。
ずいぶんな問題発言ですな。
色々逸話がありますが、政宗の逸話は笑えるものが多いですね。

20160615092
20160615093

母との邂逅。
自分を殺そうとした母を赦す政宗。

あいあいて 心のほとや 垂乳根の 行く末久し 千とせふるとも
二はより うへしこまつの 木だかくも 枝にかさねて いく千代のやど

二人の邂逅の句と言われています。

政宗の句は、母に長生きしてほしい、というニュアンスで、
義姫の句は、昔は幼く弱かったのに立派になった、というニュアンスです。(多分)

そしてエンディングへ。


20160615094
20160615095
20160615096
20160615097


 これでおしまい。

伊達っちは母との確執があったり、片倉家との絆があったり、
そういう人間的なエピソードの多さが人気の秘訣なのかもしれませんね。