おはこんばんちは

今回は我が家のアタッカーの紹介です。

前回は伊達っちと同様ですが、私が合戦で恐れおののいた武将がおります。

それは土屋さん。
片手千人切り、略して片手。
横一列を切り裂く鬼特技です。

初めて会った時には、3匹が800~1000程ダメージを負い、
なんじゃこりゃ と、唖然とした記憶があります。

始めに戻って我が家のアタッカー、まだら鬼
これは、猫侍とコラボした際の誉武将です。

固有特技は、まだら鬼
効果は、攻撃力と回避率が上がる。

入手してしばらくは、自力で覚える連撃、 まだら鬼、智勇兼備で使っておりました。
伊達っちが加入するまでは、メインアタッカーを張っていましたが、
事故を期待できるのは、五輪奥義の赤備えが発動したときか、連撃がクリティカルした場合のみ。
他は400~600程度のダメージにとどまっていました。

いろいろな特技を移植しようと試みましたが、瓶割り、鬼真壁などは移植に成功せず、
どうしようかと悩んでいたところ、
たまたま「猫侍」の映画をDVDで見ていたら、作中で基本刀を片手持ちしていました。

これだ と

ただし素材が高い高い。しかも成功率が低い低い。
しかし、これを思いついた後、似合う特技もない。

もうしょうがない。

一匹当たり、平均240000ニャポで購入しては、
勲功上げをし、連携道場にたたきこみ、
伝授をするの繰り返し。

よくよく考えたら、こんなことしなければカンストまでたまってるじゃん。

でもそんなこと考えてたら何も出来ないじゃんね。

そして程よいタイミングの、年始伝授と4周年伝授でようやく伝授成功。

発動は若干低い気もするけれども、破壊力は十分。
赤字が出れば一撃で敵を屠るまさしく「無双のまだら鬼」が完成。
まだら

御年この年46 とは思えない活躍ぶりで
雨の日は伊達っちの代わりに活躍しています。

あ、映画は微妙ですが、キャラ設定は好きです。
あと作中に流れる歌が結構好きです。

思い入れがあり、良い特技を移植すると、
回想を見ていても中々楽しめます。