イチから始める奇跡ののぶニャが (のぶニャが 初心者 入門編)

初心者向けののぶニャがのブログです 近況報告 思い出作りも込めてやってます。

おはこんばんちは

前回の続きです。

記念すべき伊達っちのデビュー戦。

期待に胸を膨らませた独眼竜の一発目。

ダメージ600。
なんだろうこのスタオー2のディアス感。
(敵だと強いのに味方になると弱体化し、妹の名前を呟いて倒される役)

これじゃあまったく物足りないということで、
智勇兼備と女丈夫を伝授。
(女丈夫は女限定にしてもいいんじゃないかな。)

再び参戦!
ダメージ1000!
我が家の大将が決まった瞬間でした。

ところが相手によっては400程度にとどまることが多い。
なんで だろうか。

大昔独眼竜時代があったときに、対策が多くなりすぎていたので、
現代ではオワコンという噂が。

対策一覧
・竹束      鉄砲に強い
・鉄盾      鉄砲に強い(全員)
・絆        離れた敵からのダメージを減らす(全員)
・加賀百万石  離れた敵からのダメージを減らす(全員)
弱点
・雨はアカン
・行動順が遅い
最悪の事態
・虎将(複数対象の攻撃をかばう)
初めて虎将を見た時には、あまりの驚きに声が出ました。
 
いや、弱点が多くても押し切れるはず。
我が家に毎月数万使う余裕はない。
強い人に負けるのは当たり前。
10回で9回負けても1回勝てればええんや!
うちの大将は伊達っち、奇跡(まぐれ)の勝利を目指すんや。
(これがブログタイトルの「奇跡」です)

その後我が家の伊達っちは、
文武両道を習得し、さらに強力な大将に成長。
侍魂で補助をする期間を経て、高山右近を招き入れ、
ある種の完全体へと進化しました。

Q,他の方が強いんじゃね?

A、しかたないよ、愛だから

だてっち
senn2

おはこんばんちは

このあたりで、ブログのタイトルについて書いていこうと思います。

長くなりますがご容赦を。

のぶニャがを始めて間もないころ、
グズグズのグダグダデッキで合戦に参加しておりました。

当時は名乗らなければ基本的に4戦目か5戦目までCPUしか出現せず、
対人に当たれば瞬殺されるような有様でした

初心者のうちは、合戦などで出会った強いデッキを参考にしていたもので、
基本的に今もそのスタンスは一部持ったままです。

その当時、手が出ない、完封されると感じたのは、
1、まんかかさま(全体回復!なにこれ ヒドイ!)
2、上杉景勝 極(なんなのこの固さ!二桁しか出ねぇ!)
3、マムシの短刀 3匹(とにかくヒドイ!)
4、百発百中 3匹(躱せない!庇えない!ヒドイ!)
5、伊達正宗 極(ファ!?)

1。当時当方のヒーラーは安芸ニャン(内助の功・活法3)
対するまんかかさまは、全体回復かつ、防御力アップ。しかも回復量も多い。
ジリ貧で追いつめられるさまは、絶望感漂うものでした。

2。こちらのメインアタッカーは智勇兼備もない可児さんと、まだら鬼。
まだら鬼の連撃3は何とか3桁ダメージが出るものの、
後半になればなるほど攻撃が通らないのは、
勝利には程遠い、攻撃力の低さ を露呈するものでした。

3。上記の通り、ヒーラーの安芸ニャンでは回復が間に合わず。
これ、3ターン持つの?という凶悪ぶりでした。

4。同じく。

5。初めて会った時の衝撃が忘れられません。
1ターン目独眼竜。一瞬のうちに、大将兼ヒーラーの安芸ニャンは、4桁のダメージを受け、
骨折れてるんじゃないかな、と思うほどの深手を受けて退却。
いわゆる独眼竜事故です。
ついでに巻き込まれた可児さんも一緒に退却。

これ、ジャイアントキリング狙えるんじゃね?
俺、ニャポを貯めて伊達っちを買うんや。

続く

ブログタイトル入門編


おはこんばんちは

とりあえず入門から初心者への道は開けてきたでしょうか。

今回は雑談半分の話です。

こういったゲームをプレイする以上、
最強を目指すか、のんびり楽しむ、あるいはその中間になると思います。
私は中間くらいではありますが、どちらかといえばのんびり派です。

何十万もつぎ込めるわけではないので、
報酬が欲しいときだけお米券を買ったり、
どうしても伝授したい特技がある時だけ課金伝授をしたりです。

他の猫を使った方が強い。
なんでそんな伝授するの?
そんな移植もしています。

見た目が好みだ ったり、
愛着がついてしまったり、
元の武将が好きだったりするからです。

最強を目指すのも楽しいと思いますが、
性格上、私には徹しきれません。
大事に大事に育てていくのが、このゲームの楽しみ方だと
私は思っています。
それでも勝った方が楽しいから強化をしていくんですけどね。

いろんな楽しみ方を探しながらプレイしていくのがおすすめです。

ではまた次回。
ここから先は雑談ベースになっていくと思います。

ブログタイトル入門編


おはこんばんちは

以前にエースのお話をさせて頂きましたが、
そんな高いの買えないなぁ。
そんな方のために古今みんなに愛された「かニィ才蔵」をご紹介いたします。

最大修練で
火184 風195 という驚異的なステータスをたたき出し、
反撃という特技をレベル3まで習得します。

195の風にて、すいすい回避→反撃
その威力は184の火に裏付けされて高威力。
なんとも頼れるアニキとして活躍します。

エースを手に入れる前の暫定エースとしては最高峰の素材と言えます。
価格もかなり低めで推移していることもあり、
かなり多くの頭 領に愛されてきました。

かくいう私も長期的に愛用していまして、
今でも捨てられず育成枠にどっしりと構えています。

今回はここまで。

また次回に。

ブログタイトル入門編


おはこんばんちは

今回は賊退治、親密度について書いていこうと思います。

賊を一定数撃破すると、敵軍が出現し、
敵軍を撃破することにより、各大名との親密度が変化していきます。

疎遠・面識・関心・友好・親密・信頼 というように
親密度が変化していきます。

親密度が上昇すると、それに応じて、賊も強くなっていきます。

一応注意点が一つ、
上昇した親密度は低下することがありません。
なので、間違って敵軍を撃破しないように気を付けてください。

また、どこか一つの大名を友好以上に上げると、
他のイベントがない日に 限り、名将探索というイベントが1日に1度発生するようになります。
(諸説ありますが、適当にやっていれば出ます。)

このイベントは猫神様や、ねこ巫女などから依頼を受けて、
目当ての武将を探すイベントです。
ニャポや五輪玉、吉クーポンなどがもらえます。

この際に、賊を撃破するとどこにいるのかヒントがもらえるのですが、
東の方~とか、藤原の血を引く~とかの他に、
あんたと疎遠な大名、とか、あんたと親密な~など、
親密度のヒントが出ることがありますので、
東北は親密、中部は友好、などある程度区分けをして親密度を上げておくと、
発見が早まりやすいので、一応留意してみるといいかもしれません。

また、効率よく賊を撃破するために、賊までの距離が短い大名を、
自分が一番倒しやすい賊の強さの親密度にしておくと、
普段の賊退治の効率が上がります。
比較的賊が近くに現れるのは
尼子家、織田家あたりです。

 

快適なのぶニャがライフのために気にしてみるのもいいかもしれません。

このあたりで初心者解説は終了です。

ではまた次回。

↑このページのトップヘ